超解像

現在、監視カメラなどのパブリックセーフティ分野での利用はもちろんのこと、地上と通信する場合にできるだけ少ないデータ量でやり取りを行い、後で解像度を上げる衛星画像、精細な画像を撮影するカメラやセンサが効果になりがちな医療画像など、ディジタル画像を拡大することの需要は多い。

そこで近年、画質の劣化が少ないディジタル画像拡大法として超解像技術が様々な画像処理において注目されています。

画像処理(超解像度)超解像技術は2種類に分類することができ、古川研究室では、1枚の低解像度ディジタル画像から高解像度ディジタル画像を作り出すフレーム内超解像について研究を行っています。

古川研究室では、フレーム内超解像技術について圧縮センシングの観点からアプローチを行っています。

圧縮センシングとは、対象となる信号をできるだけ少ない観察から復元する技術です。